名称未設定ファイル [読書ノート]

/ 2019-11-10

[2017-06] 品田 遊 (著)

名称未設定ファイル

どのような本か

  • 小説。SNS や Web サービスなどの現代的なテーマを扱った短編集
    • 普通の SF っぽい短編もある
  • オモコロ のライターの ダ・ヴィンチ・恐山 という人が品田遊という名義で書いている

手にとったきっかけ

  • 匿名ラジオ という、ARuFa という人とダ・ヴィンチ・恐山という人が YouTube でやっているラジオがある
    • ふとしたきっかけで知ったのだが、緩くてしょうもない感じが心地よくて、時々聴いている
    • (2019-11 時点で #130 くらいまで聴いたので、結構聴いている)
  • どちらの人もネット上で存在を知っていたが、ラジオを聴いているとダ・ヴィンチ・恐山さんの言葉のチョイスにセンスが感じられ、 面白い観点を持っている人だな、という印象を持った
  • 小説を 2 冊出しているというので、読んでみることにした
    • デビュー作である 「止まりだしたら走らない」 も読んだ:

[2015-07] 品田 遊 (著)

止まりだしたら走らない

感想

  • 「普通に面白い」 というのが率直な感想だった。僕が好きなやつ。
    • ※ 僕は「普通に面白い」というのは最高級の褒め言葉だと思っている
    • もともと自分は気の利いた小話や SF 短編などが好きで、子供の頃から星新一や筒井康隆や乙一なんかをよく読んでいたが、 これはまたちょっと違う、Web の世界に浸った現代人ならではの作風だなと思った
    • ネットのバズとか、動画の投稿とか、商品のレコメンドとか、そういったテーマがうまく料理されている
  • 「バイナリ畑でつかまえて」という短編漫画に通じるところがありそう:

[2016] 山田胡瓜 (著)

バイナリ畑でつかまえて

  • 1 冊目の「止まりだしたら走らない」を読んだ時は正直、 「ほー、こういう小説も書ける人なんだな」くらいの感想だったのだが、2 冊目は明らかに小説としての質が良くなっていたように思う
  • この人の新作が出たら、また是非読んでみたいと思った